今まで早漏と気づかなった方もいると思いますが、早漏だからといって恥じる必要はありません。今や早漏は薬で改善できる時代です。当サイトでは早漏の改善方法を教えます。

  • ホーム
  • 早漏を引き起こす原因は心の問題

早漏を引き起こす原因は心の問題

黄色の錠剤

心の問題によって早漏を引き起こすことは多く、それらは下半身に関係するものです。
SEXに不慣れだと早漏を招きやすいですが、短小のコンプレックスによって早く射精してしまう方もいるのです。
短小とは無関係に思えるでしょうが、些細なことでも下半身に関するネガティブ要素があれば、早漏を招いてしまうことはあります。
包茎は亀頭が強化されにくく、確実に早漏を招きやすくなります。
本来の亀頭は粘膜質で刺激に弱いのですが、年齢を重ねることで少しずつ強化されていきます。
亀頭は衣服と接触することでも強化されますが、真性包茎の方はいつまで経っても亀頭が粘膜質のままです。
この状態を改善するには包茎手術を受けるしかないので、泌尿器科や専門医院で治療を受けてください。
仮性包茎は特に手術は必要ないですが、症状の度合いによっては早期の治療を求められます。
剥くことはできるけど痛みを伴う、真性またはカントン包茎に近いという状況なら手術が必要になることもあります。
いずれにせよ、包茎に不都合を感じている状況なら、医師に相談してみるべきでしょう。
EDが原因で早漏を招くことも多く、この症状はある程度年齢を重ねた方がなりやすいです。
勃起不全になるとペニスの勃起力が弱くなったり、挿入時に中折れしたりします。
この症状を改善するためには、ED治療薬の服用が効果的です。
早漏だから必ずしも早漏治療薬が必要になるわけではなく、ED治療薬だけで治ることも多いのです。
心因性のEDも早漏の原因となりやすいので、早めに治療をしておきましょう。
下半身の問題は何も対策をせず、自然に治る可能性は低いのです。
医師に相談をすることは、原因の特定も行えるので便利です。
EDを改善するために注意するべき生活習慣についても教えてくれます。

関連記事