今まで早漏と気づかなった方もいると思いますが、早漏だからといって恥じる必要はありません。今や早漏は薬で改善できる時代です。当サイトでは早漏の改善方法を教えます。

  • ホーム
  • 数秒で射精してしまう早漏症とAD式早漏克服術

数秒で射精してしまう早漏症とAD式早漏克服術

日本は、勃起障害や射精障害などの悩みを抱える男性が増えています。
勃起障害や射精障害を発症するのは、中高年だけではありません。
若い世代でも、ストレスなどが原因で、勃起障害や射精障害を発症する人が少なくないのです。
性行為の時に、早く射精してしまうことを早漏症と呼びます。
中には、数秒で射精してしまう人もいます。
早漏症は、射精障害の一種で、慢性化すると治りにくいケースもあります。
勃起障害を発症してから、早漏症の症状が現れることもあります。
早漏症は、亀頭が過敏になっていたり、包茎が原因の場合もあります。
亀頭が過敏になっていることで早漏症を発症している場合は、一時的に亀頭を麻痺させる麻酔クリームを使って対処することもあります。
昔は、早漏症を治療するための有効な治療薬がありませんでしたが、現在では大手製薬会社が開発した治療薬が販売されています。
治療薬の主成分は、ダポキセチンです。
SSRIに分類されるダポキセチンは、臨床治験により改善効果が認められています。
ダポキセチンは、副作用が少ないことでも知られています。
しかし、治療薬を服用して、頭痛や下痢、蕁麻疹などの症状が現れた場合は、すぐに病院で診察を受けた方がいいです。
ダポキセチンは、性行為の1時間前に服用します。
効果は、3時間から5時間ほど持続しますが、持続時間には個人差があります。
早漏症の治療は、薬物治療の他に、行動療法や精神療法もあります。
骨盤底筋群のトレーニングやAD式早漏克服術なども有名です。
心因性の早漏症の場合は、カウンセリングを受けることで症状が改善するケースもあります。
現在、様々な治療方法がありますが、自分に合った治療方法を選ぶことが大切です。

関連記事