今まで早漏と気づかなった方もいると思いますが、早漏だからといって恥じる必要はありません。今や早漏は薬で改善できる時代です。当サイトでは早漏の改善方法を教えます。

  • ホーム
  • 持続時間が短い若年性の早漏について

持続時間が短い若年性の早漏について

早漏は若年性のタイプのものと、資質としてのものがあるとされています。
若年性タイプの早漏の場合は年齢を重ねるごとに徐々に症状が改善する場合が多いのですが、資質として早漏の症状がある方の場合はなかなか早漏の症状が改善しないケースもあります。
そういった方が持続時間をなるべる長くして早漏を改善するためには、いくつかの対策があります。
まず身体の資質として、仮性包茎などの症状があると、どうしても日頃の刺激が少なくなってしまい刺激に弱くなって、それが原因になって早漏になってしまうことがあります。
ですので仮性包茎で早漏の方は包茎手術を受けて包茎の症状を改善する必要があります。
実際に仮性包茎の手術を受けると日頃の刺激も自慰行為や性交渉などの刺激も増すので、徐々に持続時間が長くなり、早漏の症状が緩和してきます。
包茎手術は入院の必要がなく、気軽に受けることが出来るので、仮性包茎で持続時間に不満がある方は一度包茎手術を行っているクリニックを受診するとよいでしょう。
またそれ以外に持続時間を長くする方法としては、性交渉の時にコンドームなどを使用して実際の刺激を抑制するやり方があります。
この方法だと刺激自体が緩和するので効果が抜群で、費用もほとんどかからないので、気軽に行うことが出来ます。
またそれ以外に刺激を低下させるクリームを局部に塗りこむやり方も存在しています。
それらの刺激を抑制するタイプの対策では、手術などのリスクなく簡単に対策が出来ます。
ですが効果としてはありますが、刺激が少ないので満足度としては低くなってしまいます。
持続時間を長くするには色々と方法がありますが、持続時間を長くするだけではなく満足度も高めるために色々と工夫しましょう。

関連記事