今まで早漏と気づかなった方もいると思いますが、早漏だからといって恥じる必要はありません。今や早漏は薬で改善できる時代です。当サイトでは早漏の改善方法を教えます。

色々な薬

多くの方が悩んでいる早漏には明確な定義はありません。
一般的には、膣内に挿入してから数秒~数分で射精したり、あるいは挿入する前に射精してしまうことが定義づけられています。
病気ではありませんが、パートナーとの関係が悪化したり、自分に自信がなくなることで、女性との関係を避けるといったこともあります。
早漏の原因については器質性と心因性の2つがあり、器質性早漏は、神経や血管に何らかの問題があります。
脳が性的興奮を感じていても興奮物質が途中で阻害されるため、性交渉時に中折したり、半勃ち状態になってしまいます。
心因性の早漏は、若年世代に多いのが特徴です。
性交渉経験が少ないことから、不安感が優先し緊張することで中折したり、半勃ち状態になってしまったり、射精までの時間が極端に短くなってしまうのです。
これを繰り返すことで、精神的なダメージを感じたり、女性や性交渉にコンプレックスを持つことがありますので、注意したい症状です。
本格的な治療法としては、泌尿器科クリニック相談すると良いでしょう。
すでに、早漏治療薬としてプリリジーを服用できます。
プリリジーの有効成分ダポキセチンがセロトニン濃度を維持するので、勃起の持続、中折れ防止、ペニスを硬くするといった効果を期待できます。
プリリジーは興奮を抑制する作用がありますが、効果を感じられるのは心因性の早漏に悩んでいる方です。
年代的には20代~40代で早漏に悩んでいる方におすすめの治療方法です。
また、プリリジーはED治療薬と併用できるので、器質性の方の早漏を改善します。
病気ではないけど、日常生活にダメージを与える性交渉をスムーズに進めるために、プリリジーで射精防止できます。
また、プリリジーは病院でも処方されますが近年、早漏治療薬を通販で購入する人が増えてきました。
早漏防止薬を通販で購入するメリットですが、大きな特徴は病院よりも安く入手できます。
病院では診察代など薬代以外にも費用がかかりますが、薬代や場合によっては送料もかかりますが、病院でも断然安く手に入るということです。

記事一覧
悲しい男の人

早漏とは、性交時に、男性側が、とても早く射精してしまうことを言います。 早い人だと、女性の膣内にペニ...

困っている男の人

早漏だとしても、回数を重ねることでパートナーを満足させることが可能です。 パートナーの意向によります...

多様な薬

早漏に悩んでいる男性は、パートナーに相談して一緒に治すことで効率良く克服できます。 女性の早漏に対す...

黄色の錠剤

心の問題によって早漏を引き起こすことは多く、それらは下半身に関係するものです。 SEXに不慣れだと早...